ジスロマックでクラミジア撃退

  • ジスロマックでクラミジア治療

    運営者情報

    運営者のマエダです。
    クラミジアをはじめ、過去に何度か性病にかかって痛い目にあっています。

    このサイトでは、そんな辛い性病にかからないために、性病・クラミジアの知識や治療方法を紹介しています。

    きちんと理解をした上で、性病に掛からないように予防に努めましょう。
  • クラミジア治療薬の通販サイト

クラミジア体験者から一言

クラミジア体験者から一言

性病といえば最初に何を思い浮かべます?HIV感染症、カンジタ、ヘルペス、クラミジア、他色々あり、感染したことがない人もこれらは一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。もしかすると性病は男性と女性によってイメージするのものも変わってくるかもしれません。

これらの中で日本で一番感染者が多いクラミジア感染症になります。10代後半から感染症が増えており、特に若者の感染者が多くなっています。なぜ、一番日本で感染者が多いのかというと、自覚症状があまりないためです。

感染した方の中には、妊娠するまで気付かなかった方もいます。無自覚のため、治療をすることもなく、セックスに及んでしまうため、感染者が拡大してしまいます。知らず知らずのうちにパートナーに感染させてしまったり、逆にうつされてしまうのです。

男性においては、半分くらいの方に自覚症状があります。排尿時に痛みを伴ったり、尿道部分がかゆくなったりします。ただ、咽頭や、直腸に感染した時は症状がほとんど現れないそうです。その為、感染した男性器を女性がオーラルセックスすることで咽頭に感染し、それがまたオーラルセックスによって男性器に感染するといったことが起こります。男性の場合、治療せず、放置しておくと、前立腺炎や、血清液症になる場合もあるので注意が必要です。

クラミジア体験者から一言

性病は恥ずかしいイメージもあり検査しに行くのが億劫になりがちです。出きる事なら避けたいと思う方も多いはずです。ただし病院に行き薬を処方してもらうことで、およそ90%完治することができるんです。その薬はジスロマックと呼ばれています。一度飲むと、効果が続くためその後飲む必要はありません。

性病は性感染によるものなので、パートナーがあってこそ感染する病気です。もし感染した場合は、自分もそうですがパートナーにも検査をするようにしてあげてください。また、感染が発覚した場合は、性行為を辞めることも重要です。