ジスロマックでクラミジア撃退

  • ジスロマックでクラミジア治療

    運営者情報

    運営者のマエダです。
    クラミジアをはじめ、過去に何度か性病にかかって痛い目にあっています。

    このサイトでは、そんな辛い性病にかからないために、性病・クラミジアの知識や治療方法を紹介しています。

    きちんと理解をした上で、性病に掛からないように予防に努めましょう。
  • クラミジア治療薬の通販サイト

ジスロマックが使える病気

クラミジアの治療薬として有名なジスロマックですが、様々な細菌を殺菌する効果がある為、細菌が原因で発症する多くの病気の治療に用いられています。

また、同じく性感染症の淋病にも治療効果があります。淋病はクラミジアと同時に感染している可能性もあり、そのようなときには特にジスロマックが処方されます。このようにジスロマックは、非常に万能な薬になります。


歯周病にジスロマック

歯周病にジスロマック

他にも歯周病にも効果があります。服用すると、全身の血管に薬物が回り、歯肉の毛細血管にも届きます。

ジスロマックは、歯周病菌の中のリボソームというタンパク質を作る器官に作用して、タンパク質の生成を阻害し、細菌の増殖や成長を防ぎます。

歯茎の腫れ、抜歯後の炎症を抑えたりする時に用いられる事があります。

副鼻腔炎にジスロマック

その他にも副鼻腔炎にも有効です。
副鼻腔炎は、鼻の疾患の一つで、インフルエンザや肺炎などの細菌が侵入することにより起こります。副鼻腔炎の原因となる病原菌に直接に作用するのではなく、細菌の繁殖を抑える抗生物質として働くことで治癒へと導きます。

リンパ系や肺や喉などの気管器系、消化器系、骨髄、皮膚や粘膜などの感染症に効果があります。

ジスロマックが効く症状

ジスロマックが効く症状

さらに、近年、胃がんの原因の一つとして知られる「ヘリコバクターピロリ菌」の駆除にも使用されています。どのような種類の感染症でも、体内の菌の数が爆発的に増える前の初期の段階での服用が最も効果的です。

また、ウレアプラズマやマイコプラズマが原因の尿道炎にも処方されます。検査をしてもクラミジアも淋菌も検出されないのに、尿道炎が治らない事がありますが、このような尿道炎の多くが、ウレアプラズマやマイコプラズマが原因で引き起こされるのです。

それ以外にも、深在性皮膚感染症、扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、顎炎、中耳炎など非常に多くの病気に効果があると言われています。万が一のために、常備薬としておく人も多いお薬でもあります。