ジスロマックでクラミジア撃退

  • ジスロマックでクラミジア治療

    運営者情報

    運営者のマエダです。
    クラミジアをはじめ、過去に何度か性病にかかって痛い目にあっています。

    このサイトでは、そんな辛い性病にかからないために、性病・クラミジアの知識や治療方法を紹介しています。

    きちんと理解をした上で、性病に掛からないように予防に努めましょう。
  • クラミジア治療薬の通販サイト

病原菌トラコマチス

病原菌トラコマチス

クラミジアの菌は、昔までは結膜炎などの原因菌としてしられ、性病よりも目の病気として有名な菌でした。日本は水がきれいなため、目のトラコーマは自然になくなっていきました。しかし、性器には残っており、現在では感染症の中で最も多い病気とされています。

トラコマチスはとても小さな菌であり、直径は0.3ミクロンほどしかなく肉眼で確認はできず、女性の場合は膣や子宮に住み着き、男性の場合は尿道に住み着きます。また、共通して住み着いてしまうのがノドとなっており、オーラルセックスによって感染する場合があります。また通常の感染経路はセックスとなっており、コンドームなしでセックスをしてしまうと感染率が上がってしまいます。また、性器からの分泌物が目に入ってしまうと目の病気である結膜炎を引き起こすので注意が必要です。

感染が最も多いとされている年代は10代から20代の若い女性と言われています。若いうちからセックスをするようになり、セックスが多様化し、知識がないままセックスをしているために、若い世代に蔓延していると考えられています。男性の場合、風俗を利用する人もいるかと思いますが、そこでのオーラスセックスも感染の原因となります。菌をもった女性のノドから性器に感染する場合があるので、十分注意して利用した方がいいかと思います。

病原菌トラコマチス

自覚症状が少ないため感染に気付かず、何年も放置してしまう結果となり、パートナーが変わるたびに感染させてしまって、感染を広めてしまっている場合もあります。

対策として抗生物質があり、クラビットという細菌を殺してくれるクスリがあります。クラビットとは、抗菌する力が強く、クラミジアに対しても有効とされているクスリで、国内では最も使用率が高い抗菌薬となっています。副作用も少なく、安全に使用できますが、軽い副作用として下痢や発疹が発現する場合があるので、症状が続くようであれば、医師に相談してください。

相手を選ばず、コンドームをしないでのセックスが感染の元なので、きちんと相手を選んで、コンドームを装着してセックスするようにしてください。