ジスロマックでクラミジア撃退

  • ジスロマックでクラミジア治療

    運営者情報

    運営者のマエダです。
    クラミジアをはじめ、過去に何度か性病にかかって痛い目にあっています。

    このサイトでは、そんな辛い性病にかからないために、性病・クラミジアの知識や治療方法を紹介しています。

    きちんと理解をした上で、性病に掛からないように予防に努めましょう。
  • クラミジア治療薬の通販サイト

クラミジアの治し方

クラミジアの治し方

一昔前までクラミジアの治療は、長期間かけて治すのが主流で薬の服用回数も非常に多く、なかなか続かないのが現実でした。しかし、最近では、新しい薬も開発され、効き目も長期間にわったって有効なものも登場してきています。

ジスロマック

ジスロマック

そこで、クラミジアに有効な薬をいくつか紹介していきたいと思います。最初は、ジスロマックです。この薬は1回の服用で、効果は7日間続き、その間に治るのは90パーセントと言われている大変有効な薬です。1回の服用でいいので、経済的な負担も少なく、副作用などがでる可能性も低いお薬です。

ジスロマックの効果

ジスロマックの効果

ジスロマックは、クラミジアに有効なお薬として有名です。主成分は成分アジスロマイシン水和物で、クラミジア以外にも様々な感染症や炎症に用いられます。

クラミジアの原因菌は、「クラミジアトラコマティス」といい、昔は目の封入体性結膜炎の原因菌として知られていました。クラミジアトラコマティスは、直径0.3ミクロンほどの細菌の仲間です。男性の尿道、膣や子宮、そして咽頭に住み着き、主な原因は、性行為によるものです。マクロライド系抗生物質で、病原細菌の蛋白合成を阻害する事により、抗菌作用を示します。

細菌はそれぞれタンパク質合成を行うことにより増殖していく為、その働きを抑えることによって殺菌する作用を持ちます。そもそも感染症とは、病原微生物が人の体に侵入し、悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、化膿し、痛みや発熱によって苦痛をもたらします。この症状は、病原微生物と戦う為の体の防衛システムでもあります。病原微生物には、ウイルスや細菌や、カビなどが含まれます。ジスロマックが有効なのは、主に細菌による感染症です。

医者と患者

病原菌が死滅すると腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば下がります。また、ジスロマックは、血中半減期が時間とともに延長するので、1度飲むと、7日も効果が持続します。飲み忘れてしまうような心配もなく、とても便利なお薬です。

ただし、胃腸の弱い方は3回に分けて服用する事により血中濃度を上げて、クラミジアの治療を行なうことになります。だいたいは1度の服用で治るケースが多いのですが、場合によっては2回の服用が必要になることもあります。ペニシリン系やセフェム系にアレルギーを持っている方でも服用することができ、妊娠中の女性も服用することが出来るので、で安全性も高いといわれています。副作用も殆どないと言われています。初期のクラミジアは、お薬の服用のみで治療することが可能です。

今はネットで安く購入することも可能なので、もしも検査をして陽性になってしまったら、すぐに治療薬を飲むようにしましょう。

ジスロマックのジェネリック薬

ジスロマックのジェネリック薬

これと同じ有効成分が入っていて、効き目も同じなのが、アジーというお薬です。このアジーは、最初に紹介したジスロマックのジェネリックで、値段も安いし、簡単に購入できます。インターネットなどを見てもらえばわかりますが、通販や個人輸入で買えます。
このお薬は、歯医者さんなどでも使われていて、クラミジアにも有効で炎症系ならほとんど効く、万能薬です。値段や効き目から考えても、私はこれをおススメします。

クラミジアとは

クラミジアは、もし1度感染して症状が治ったとしても、パートナーが感染したままだと、再びうつされてしまうこともあるちょっとやっかいな病気です。大体の病気が、例えば風邪なども一度ひいてしまえば、当分はなりません。

しかしクラミジアはそういうわけにはいきません。こういった原因もあり、日本国内だけでもクラミジアの感染者数は100万人に達すると言われており、非常に多いことがわかります。

クラミジアの感染率

クラミジアの感染率

日本で一番性感染症の感染者が多いのはクラミジアと呼ばれる性病で、その数は100万人以上とも言われています。

クラミジアはコンドームをせずに性行為をした場合、感染する確率は50%と言われていて非常に高いとされています。感染しても気づきにくく、自覚のないまま複数の相手と行為に及んでしまい、感染が広がってしまいます。

しかも、驚くことに、日本の女子高生の感染率は、なんと世界トップだと言われています。

クラミジアの原因と症状

クラミジアの原因と症状

クラミジアは日本で最も多いと言われている性感染症です。感染しても症状に気づかない事が多く、そのため知らずに複数の相手と性行為をして、感染を拡大させてしまうのです。その原因の殆どは性行為です。
挿入だけではなく、オーラルセックス、キス、性器具を使った性行為でも感染する場合があります。ただし強い微生物ではないため、空気感染、プールや温泉などの入浴では感染する事は殆どないと言われています。

もしも感染してしまった場合、症状は男女によって異なります。男性の場合、尿道に炎症が見られます。それほど強い症状でなく、少しかゆい、なんとなく不快感があるといった軽度のものです。また、睾丸を入れている袋に痛みが出たり腫れたり、ひどければ膿がたまる事もあります。

一方女性は、子宮頚管に炎症が出ます。あるいはのどに症状が出る場合や、目に症状が出る場合もあり、まぶたの裏側に炎症がおきて、まぶたが腫れたり、充血したり、むくみが出るなどの症状です。オリモノの増加、下腹部痛や不正出血、性行為時の痛みなども症状としてあらわれることもあります。女性の方が症状がわかりにくいと言われていて、さらに女性の方が感染し易いと言われています。

クラミジアの注意点

他の性病のリスクとピンポン感染

クラミジアに感染してしまうと、HIVへの感染が3倍から5倍になります。
男性の場合は、前立腺炎や血精液症になることもあります。女性の場合は、卵管炎をおこし、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなります。
さらに上腹部へ感染が広がると、肝周囲炎を引きおこします。
なお、治療する場合は、配偶者や恋人とともに検査、治療する必要があります。特定の相手がいる方は、相手からうつった、または相手にもうつしている可能性があるからです。一人で治療を受けても、相手が感染していれば性行為を再開した時点で再感染してしまいます。相手が一人で治療を受けた場合も同じです。同時に治療しなければ、パートナー間でクラミジアが行ったり来たりする事となります。このことをピンポン感染と呼びます。

ピンポン感染を防ぐ為に、相手と一緒に治療を受けなくてはいけません。 相手に言うことが難しいと感じる方もいると思いますが、自分を、そして相手を守るため、正直に打ち明けましょう。最も注意が必要なのは、クラミジア感染症自体が完治しても、感染により炎症をおこした患部が完治するというわけではないという事です。

特に女性の場合、炎症がひどいとクラミジア感染症が完治しても、不妊の症状が残ってしまう可能性があるのです。後遺症を避ける為にも、クラミジアについてはいち早く検査を行い、治療をするのをおすすめします。